サイトポリシー

統合医療機能性食品国際学会(ICNIM)では、当会の活動を皆さまにご理解いただけるよう当ウェブサイト。当ウェブサイトのご利用にあたっては、下記内容についてご確認くださいますようお願いいたします。
なお、当会は利用規約を予告なしに変更することがありますので、最新の内容をご確認いただきますようお願い申し上げます。

著作権・商標について
当ウェブサイト上のコンテンツは、当会ならびに第三者に権利により保護されています。当ウェブサイトに収録されているコンテンツを無断で転載・転用することはお断りいたします。
リンクについて
当ウェブサイトへのリンクは原則自由ですが、リンクを希望される方は下記注意事項をご確認のうえ、事前に当該ウェブサイトの内容、アドレス、リンクの趣旨、お名前、連絡先などを当会にご連絡ください。
  • ・当会のイメージにそぐわない場合、経済的利益や評判・信用を損なう恐れがある場合、その他当会の利益を害する恐れがある場合は、リンク自体をお断りすることがあります。
  • ・当ウェブサイトで用いられているロゴマークは当会に無断で使用しないでください。
  • ・フレームの一部をターゲットに設定し、あたかも当ウェブサイトがフレーム内の一部であるかのように見せるリンクの張り方はしないでください。
尚、リンクによるトラブルやあらゆる損害に関し、当会は一切の責任を負いません。
推奨ブラウザ
当ウェブサイトはMicrosoft EdgeまたはGoogle Chromeの最新版でご覧いただくことをおすすめいたします。これら推奨ブラウザ以外でご覧いただく場合、画面の一部が正しく表示されないことがあります。
禁止事項
当ウェブサイトご利用にあたり、以下の行為を禁止します。
  • ・当会員、他の閲覧者、当ウェブサイト制作者、または、その他の第三者の権利、利益、名誉等を損ねる行為、著作権を侵害する行為など、法令に違反する行為
  • ・当会が定める各種規約に違反する行為
  • ・サーバーへの不正アクセスなど、当ウェブサイトの運営に支障を与える行為
ご注意
当会は、当ウェブサイトに関し、如何なる保証をするものではなく、その内容に誤りがあった場合、または当ウェブサイトのご利用に際して生じた閲覧者と第三者との間のトラブルについては、一切責任を負いかねます。また、当会のウェブサイトのご利用に起因するソフトウェア、ハードウェア上の事故その他の損害についても、一切責任を負いかねます。
お問合せについて
当ウェブサイトについてご意見・ご質問などがある場合は、こちらの連絡先にお問い合わせください。

プライバシーポリシー

発行:2021年3月25日

はじめに
統合医療機能性食品国際学会(ICNIM)事務局は、当会が管理するウェブサイトおよびサービスの円滑な運営に必要な範囲で利用者の情報を収集し、収集された情報はICNIM事務局により適切に保護されます。本保護方針には、ICNIM事務局が収集する情報、またその利用目的や取扱い関する情報が記載されています。
適用範囲
本保護方針は、日本国の適用法に準拠し、当会が管理するウェブサイトおよびサービスにおいてのみ適用されます。当ウェブサイト内のリンク先における情報の取扱いについては、それぞれの組織の責任において行われることになります。
データ 管理者

統合医療機能性食品国際学会(ICNIM)事務局
札幌市清田区真栄363番地32
株式会社アミノアップ内
TEL: 011-889-2233
FAX: 011-889-2375

データ取り扱いに関するご質問、ご意見および苦情は、こちらよりご連絡ください。

収集する情報と利用目的
当会は、次の情報を収集します。情報を収集する際は、その目的を明示し、利用者の意思に基づくことを原則とします。当会が情報を収集する目的とその際に収集する情報は次の通りです。
問い合わせ対応
利用者からの問い合わせへの対応の品質および正確性を向上するために、氏名、連絡先(メールアドレス、住所、電話番号)のほか、所属機関情報などを収集する場合があります。
入会審査
当会への入会審査において、身元確認を行うため、氏名、連絡先(メールアドレス、電話番号)、所属機関情報、生年月日、性別、国籍、学位、専門分野を収集します。入会審査で使用された情報は会員アカウントの作成に使用される場合があります。
会員アカウントの作成および更新
入会申込時に入力された情報に加え、刊行物などの配信をご希望される場合は、配送先住所が収集される場合があります。収集された情報は、当会からの事務連絡に使用される場合があります。
Cookieおよび識別子の利用

会員がログインした場合、ウェブサイト利用中の認証情報の維持にCookieが使用されます。使用される情報は認証情報の維持のみに利用されます。

当ウェブサイト利用時にIPアドレス、OS、ウェブブラウザなどを含む機器情報が収集される場合があります。これらの情報は、アクセス情報の統計的解析に利用される場合があります。

情報の共有と開示
当会は次の状況で、収集された情報を共有する場合があります。法令により認められる場合を除き、本人の同意なく第三者へ共有することはありません。ただし、統計的に処理された入会申込数や利用者属性等の情報については公表することがあります。
  • ・利用者が当会年会へ参加される場合、年会参加に関わる情報が運営委託先あるいは後援企業へ共有されます。当会を通して宿泊や交通手段などの手配をご希望の場合、必要な追加情報を収集し、ホテル、タクシー会社、レストラン、その他の地域サービスへ情報を提供する場合があります。また、本学会年会への参加にビザの取得が必要な場合、別途パスポート情報を取得する場合があり、ビザ申請書類作成のために利用されます。
  • ・本学会会員が刊行物の配送を希望する場合、当会の配送業務が配送パートナーへ委託され、受取人の名前、住所が共有される場合があります。
  • ・本学会年会で研究発表を行う場合、発表者および共著者の名前および所属機関名が年会要旨集あるいは当ウェブサイトで公表される場合があります。
  • ・当会は、法執行機関あるいは行政機関から開示請求があった場合、または第三者の権利、安全もしくは財産を守るために必要と判断した場合、法令に基づき、利用者の情報を開示する場合があります。
  • ・本方針に定められた以外の場合であっても、情報共有について利用者に通知し、利用者本人からの同意が得られた場合には、利用者の情報を共有することができます。
情報の保持と消去

当会は、収集された情報を原則2年以上保持します。また、利用目的の達成に必要でなくなった情報に対し、法的要求を満たす目的、あるいはセキュリティ上の目的以外による情報へのアクセスを防ぐ措置をとります。

利用者が本学会会員である場合、会員である限り、会員プロフィール情報を保持します。会員は当会への連絡を通じて、いつでも退会することができます。

利用者の権利

利用者は、利用者自身の情報の取り扱いに関して、次の権利を有します。これらの権利を行使するには、こちらからリクエストを送信してください。

  • 開示
    利用者は、当会が保有する自身の情報およびその使用方法について開示を要求する権利を有します。
  • 訂正
    利用者は、当会が保有する自身の情報が正確ではないと確信する場合、自身の情報の修正を求める権利を有します。
  • 削除
    利用者は、いつでも、自身の情報の削除を求めることができます。当会は、法令により求められる場合、および法令により認められる正当な目的による場合、利用者に関する特定の情報を保持できます。
  • 異議の申し立て
    利用者は情報の処理に関し、異議を申し立てる権利を有します。異議が申し立てられた場合であっても、適応される法令が認める範囲内で、当会は利用者の情報を引き続き処理することができます。
本ポリシーの更新
当会は本ポリシーを更新する場合があります。すでに頂いている同意内容に大きな影響がある場合は、メールなどの方法で、変更について利用者の方々に通知します。適用法令が許す範囲においては、当該通知後の当会が提供するサービスの使用により、ユーザーは本ポリシーの更新に同意したものとします。

ページトップへ